エスカレートして

気が付くと、時刻は夜の11時を回っていた。終電の時間ももうそろそろと、そそくさと駅方向へ向かおうとした矢先、次どうする?という先輩の声。どうやら、今日はとことんらしい。ここは後輩として、言われるがままについていくと、とあるお店の前で先輩は足を止めた。

なんだまたキャバクラかと思っていると、次はセクキャバだな!っと先輩がつぶやいた。どうやら一見、ただのキャバクラ店に見えるこのお店は、ジャンルの少し違うセクキャバのお店だったようだ。セクキャバについて、あまり詳しく知らない読者の為に、少しだけ解説しておこう。

前項ではなしたキャバクラは言うまでもなく、お店の女の子と楽しくおしゃべりをしながら、お酒を飲む場所なのだが、俗にいうおさわり行為は厳禁となっている。それに比べ、このセクキャバのお店は、大まかなシステムはキャバクラ同様、となりについた女の子と楽しく過ごすのだが、サービスタイムに入ると雰囲気は一転。セクキャバ嬢が男性客の上に馬乗りになり、キスから上半身、ましてや下半身のおさわりが許されている。

むしろ。それがメインといってもいいかもしれない。ただしヌキ行為は厳禁。そこが悲しいところなのだ。説明はこの程度にしておいて、さっそく店内へ入った。セクキャバ店の店内は、とても薄暗く、そして妖艶なブラックライトが、激しく点滅していた。店内BGMもけたたましく流れ、となりの声もかすかにしか聞こえない。

席もソファーというより、一見、漫画喫茶のブースのようにも見える。間もなくすると、女子高生の恰好をした女の子がとなりへ現れた。せきには、数本のボトルが雑然と並び、そのセクキャバ嬢は、なにも言わずお酒を注ぐ。とても事務的に。先ほどのキャバクラとは大違いの対応だ。席について20分もしたあたりで、男性スタッフのアナウンスが始まった。

これがサービスタイムの始まり。となりにいたはずのセクキャバ嬢が上へまたがるとおもむろに上着を脱ぎだした。あとは想像にたやすいだろう。10分程度のサービスタイムをこころおきなく楽しむのだった。  

Recommend Site

Site Title

ARTEMIS -アルテミス-

楽しく飲めるセクキャバ店!
Site Title

VACATION~バケーション~

低料金!高品質!セクキャバの決定版
Site Title

SCANDAL-スキャンダル-

どうせなら、かわいい娘と飲まないと!